スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ナビスコ杯6節 浦和レッズ×横浜マリノス 

DSC02451.jpg

いいお天気で汗ばむような1日でした。
ナビスコカップのグループ予選も本日で最後。
水曜日のFC東京でかなりぬるい試合をしていたため一抹の不安があったのですが結果は

4-2 で浦和レッズの勝利。

水曜日にもう少し若手が見たいな~と思ったのですが、今日はスタメンにサプライズ。GKはユース出身の加藤くん!!




約43,000人の見守る試合でした。
今年は埼玉スタジアムで40,000人を割ることはないかもしれないです。
今日はマリノスのサポーターが想像以上に入ってました。

キックオフ後の立ち上がりは両チームまずまず。
レッズもここ最近は試合開始直後に寝起きが悪いパターンが多かったのですが(この間の日産スタジアムでもそんな状態で那須に先制をくらってしまいました)、本日は選手も覚醒していた前半でしたが、それ以上に気合の入っていたゴール裏。今日のゴール裏は凄かったです。勝利モード全開。

横浜マリノスは松田直樹が、浦和レッズは闘莉王が、カードの累積で出場停止となり、両チームスタメンのセンターバックを欠く状況でどのような試合になるのか想像がつかないままキックオフ。

前半15分近くではやくもトップ戦初出場のGK加藤くんに横浜のFKという試練が訪れるのですが、横浜のマグロンの蹴ったゴール枠内に飛んだボールをジャンプしてしっかり防ぎました!初仕事!
キックも90分を通して安定したものでした。都築のキャノン砲も素晴らしいけれど、それをしっかり継承してます。これからの成長が本当に楽しみ。

そしてその10分後あたりに浦和レッズがワシントンのゴールで先制するわけですが、この1点目はマリノスにとって悲劇的というかなんというか。山田を見て副審がオフサイドフラッグをあげてマリノス選手の足が止まるのですが、その山田がボールに触らず、後ろから駆け抜けてきたワシントンがそのまま持ち込んでゴール。でも、このゴールはマリノス側からしたら「うわ~、ありかよ~!!」って思うでしょうねぇ。しかし、後半には同じような状況で浦和が失点したのでおあいこでしょうか?後半に横浜のハーフナー・マイク→塩川ゴールのシーンで、ハーフナー・マイクくんが明らかにハンドだった(と思う)のですが、それでレッズのDFが止まってしまい、しかし主審はハンドをスルーで、塩川のゴールとなりました。

浦和の2点目は相馬のレッズ初ゴール(ですよね?たぶん。)
相馬くんおめでと~~~~~~~~~~~~~~~う(・ー・)ノ
ワシントンがキープ→山田が流して→相馬がゴール
素晴らしかったです。角度がなかったように見えたんですけどねぇ・・
今日の相馬くんはこのゴールをはじめ素晴らしい活躍でした。

続いて3点目は内舘→永井が少しサイドに開いて→平川が相手の裏をとりエグイ角度からゴール前を横切るパス(マリノスDFが触ったらオウンゴールになりそう)→ワシントンゴール
2点目の相馬のゴールよりも角度がなかったのですが、見ていると簡単に決めてそうなんですよね。でも、かなり難しいと思います。「足が長いよねー♪」では済まされないあの技!このゴールには横浜マリノスのDF陣もガックリ。

後半すぐにマリノスはハーフナー・マイクくんを投入。昨日がお誕生日だったとか。昨日お誕生日で19歳。若い!

4点目は3点目と同じく永井の大きく展開したボール→平川と交替した岡野→ワシントンヘッド
岡野とワシントンの喜ぶ様が渋かったです(笑)
ワシントン、浦和レッズ初ハットトリックおめでとう~!

この後もしばらくマリノスはやられたい放題でしたが、横浜はこの間の日産スタジアムでも思いましたが、中盤がね・・・苦しいです。油断すると攻守の間が間延びしてしまうよな感じでした。4点目に岡野がワシントンに上げたようなボールがハーフナー・マイクくんに上がれば、横浜は必ず点につながると思います。試合終了前にはそんな様子もちらほら見られたのですが、後半から投入した割にはハーフナー・マイクくんを生かしきれてなかったかなぁという印象。(生かされてたら浦和は困っちゃうんですけれども(汗))。逆に浦和は今日は個々の選手の動きの良さがカチっとハマっていて、面白いように様々な攻撃パターンを展開することができていました。

ただ、選手交替後に浦和の守備のバランスがガクっと崩れて2失点してしまったのにはヒヤヒヤしましたが、それも経験で、大量リードしていなければこういったチャンスもなかなか訪れるものではないため、若い選手には良い経験になったのではと思います。

正直、スターティングメンバーを見た時は4得点なんて想像がつかなかったのですが、予想以上にいい試合を見せてもらいました。
長谷部、鈴木啓太、堀之内も目立たないながらも良い仕事をしていて、心はすでに2010年の南アフリカに行ってしまいました。

今日の試合結果で浦和レッズは1位でグループリーグを突破。
いよいよ次回は爆発的攻撃力を誇る絶好調川崎フロンターレとのこのナビスコ杯の大一番といっても過言ではない対戦をすることとなりました。非常に観に行きたいけれど、駒場だけにチケットが取れないかも(涙)駒場の魔物が出てこないといいのですが・・・。
相手が川崎だったら、浦和美園-武蔵小杉ラインで埼玉スタジアムでやってくれてもいいのになぁ・・・なんて無理なことを考えてしまったりするのでした。
スポンサーサイト

[2006/05/21 22:31] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/531-be2f1b79


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。