スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

歯医者 

職場の打ち上げがあったのですが、キャンセルして歯医者へ。
(今日しか予約がとれなかったんですもの!!(涙))

今日も神経を1本抜きました。これで神経系統はやっつけ終わったと思います。

こんな歳になるまで知らなかったのですが、歯の麻酔は下よりも上のほうが効くということで、今日は上の歯に麻酔したのですが(この間は下の歯)、あまりの効きっぷりに驚きました。
なんでも下の歯は緻密骨(だったと思う)と言って骨密度の高い頑丈な骨らしいので、麻酔が効きにくいそうです。
なんて話を治療中も漫才師はたまた講談師のごとく機関銃のようにペラペラペラペラお話してくれる先生が大好きです。
自分の口の中で今どんなドラマが展開されているのか当然のごとく治療を受けている私には見えないわけですが、それをスポーツの実況中継のように語る先生。

今日は小学校の3,4年生とおぼしき女の子が一緒に治療室に入っていたのですが、あの
「キュイ~ン」の機械と麻酔の注射針を見て大泣き。
(泣きたくなっちゃうよねー。)

「お母さんも一緒に入ってね」
と言った先生はいきなり女の子に一喝。
「あのね、歯だけじゃなくて、生きていればたくさん苦しいこととかあるわけよ。でもね、ピーピー泣いてるだけじゃ解決しないの。時には我慢が必要なの。グッとこらえてごらん。」
先生の一喝に驚いた女の子はびっくりして涙がひっこんだようで、
それでも時折半泣きになりながらも、その度に先生とお母さんに励まされてどうにか治療終了。
先生は女の子に向かって満面の笑みで
「よく頑張ったね~。えらかったよ。これで楽になるからね。」
そして女の子のお母さんに麻酔が完全に切れてからごはんを食べさせることや痛み止めを飲ませるタイミングについて綿密に説明してました。

改めて先生を尊敬してしまいました。

あんなに歯医者を怖がってた私ってなんだったのだろう・・・・。
スポンサーサイト

[2006/06/02 19:05] 未分類 | TB(0) | CM(4)

素晴らしい!

良い先生ですね~。患者にただ優しいだけではなくきちんとしたケアが出来るなんて!

[2006/06/05 07:00] dj yohei [ 編集 ]

なんて良い先生なの!こんな先生だったら私も通う~!
小さい子供に人生を解く先生…深い…深いです。
[2006/06/05 15:48] よっしぃ [ 編集 ]

dj yohei さん>>良い先生ですよ~!

「痛くないからね~」
なんて嘘は子どもには言っちゃいけません。
痛くないのに痛くて大人を信用できなくなってしまうよりは、先生のように真実を伝え、それを克服することの大切さや喜びを教えるほうが子どものためになるな~なんて診察室の光景を見ながら考えさせられてしまいました。

その光景を見た私は
「あぁ、もう私にとってもこの先生しかいない」
と、確信しましたよ・・・・(笑)
[2006/06/06 02:24] mino_rin [ 編集 ]

よっしぃさん>>いい先生でしょ~!!

とにかくこの先生、子ども相手でも絶対嘘をつかないんです。

「痛くないからね~」
「すぐ終わるよ~」

そういったセリフは一切なし。

「もうちょっと我慢だ。」
「この歯をやっつけたら今日は終わりにするから。やっつけちゃえば痛くなくなるからね。」
「そうそう、頑張れ。大丈夫お母さんが手を握ってるよ。」

こういう先生は本物の大人だと思った瞬間でした。よく予防注射などでも暴れる子どもにため息の先生などがいるけれど、子どもだってやたら子ども扱いしないで子どもにわかる言葉で説明すればちびっこいなりに納得するんですよね。

治療が終わったあとも、
「痛くなったらお母さんにすぐ言うんだよ」
「今、お口の中がしびれてるけど、それがなくなってからご飯食べようね。そうしないとほっぺた噛んじゃうからね。」
等、お母さんにした説明を子どもにもきちんとしていました。

こんな先生が近くにいてくれてよかった(;ー;)
[2006/06/06 02:31] mino_rin [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/541-ac2eee68


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。