スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J34節 浦和レッズ×ガンバ大阪 

20061203201304.jpg


選手入場時にバックスタンド一面に現れた浦和のエンブレム!
私はバックアッパーにいて写真を撮れなかったので、
録画しておいたテレ玉さんの番組からキャプチャーさせて
いただき、ここに載せました。

黄色い部分(エンブレムのボール部分)は黄色の風船なんです。
選手入場直前までは大きい浦和の旗で隠れてました。
浦和のコレオグラフィ(ビジュアルサポート)は、毎回

「これ以上があるのだろうか」

と思うのですが、毎回出てくるこれ以上。
今日もこのコレオグラフィですでに泣きそうでした。

ガンバ大阪のアウェイ席も隙間なくいっぱい!

ということで、62000人の観衆が見守る中頂上決戦にふさわしい
熱気とともに運命のキックオフ。


この試合について色々書きたくはあるのですが、もう殆どおぼえてないんです(笑)

とにかく90分がすごく短かく感じたこと(前半45分は20分ぐらいに感じました)、
ガンバの選手を殆ど見ていないことが自分の中でとても印象的でした。
いつもだったら
「あ~、敵ながら14番の選手はいいなぁ」
なんて、必ず思うのですけれど、今回はファインセーブの連続だった
ガンバGKの松代くんぐらいしか記憶にありません。
私ったら、ちっとも余裕がなかったようです。

マグノアウベスに先制されたときは、この試合のキーは先制点
だと思っていたので、「うわぁ・・・」ともう頭の中がぐるぐる
渦巻いていて、先制されてからロビー(ポンテ)の同点ゴールまで
記憶がすっかり抜けてます。
ロビーの同点ゴールが決まって、もうスタンドは熱狂の嵐。
このまま折り返したいなぁ・・・なんて思っていたのですが
(1-2にはされたくなかった)、なんと、前半ももう終わるかという
時間に啓太の絶妙スルーからロビーのゴールラインをえぐるような
きわどいアシストを最後はワシントンが入れて、浦和が2-1でリードして折り返し。
ちなみに、ガンバGKの松代くん、このシュートも触ってるように見えました。

DSC02963.jpg


ハーフタイムのゴール裏。ハーフタイムもゴール裏にデカ旗が出ました。

後半になってガンバのDFシジクレイが負傷でピッチを出たそのすぐ後にアレックスからのクロスを闘莉王が折り返し、ワシントンが頭で3点目を決めて3-1に。その後、ガンバがセットプレーから山口がヘッドでゴールして3-2になり、その後もガンバの猛攻が続いたのですが、それをしのぎ、勝利して優勝!

ギド監督の優勝インタビューでどどど~っと涙が出てしまいました。
それにしても、ワシントンのはしゃぎようが凄かった(笑)

061202_1617~01.jpg


喜びのゴール裏。

DSC02959.jpg

DSC02960.jpg


スタジアムはとにかく旗の海!日本のスタジアムではないみたいでした。
こんなに人が入ったスタジアムをはじめて見ましたが
(観客動員数記録を更新したので当たり前なのですが)、
スタジアムの屋根に手拍子や声援がこだましてるんです。
本当に凄かった。スタジアムのあの時、あの時間は鳥肌ものでした。

あの降格時代からこんなにはやくJリーグのてっぺんに立つ日が
来るなんて夢にも思いませんでした。
監督、選手のみなさん、スタッフのみなさん、優勝をありがとう(涙)
本当に浦和のファンでよかった。本当に浦和を応援してきてよかった!

♦♫⁺♦・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚・*:..。♦♫⁺♦*
浦和レッズ カンペオン 浦和レッズ カンペオン 
浦和レッドダイヤモンズ 世界に輝け 浦和レッズ!
スポンサーサイト

[2006/12/02 23:55] 浦和レッズ | TB(0) | CM(2)

優勝おめでとうございます!!

mino_rinさんの喜びがひしひしと伝わってきます。
いつもの試合評と違うもん(笑)
62000人、すごいです。本当に愛されているチームですね。

勝って優勝、しかもホームで。素晴らしい。
この瞬間にこの場所にいたことは、最高の財産になりそうですね。

mino_rinさん、そして浦和レッズにかかわるすべての皆様、本当におめでとうございます!!!
[2006/12/07 22:12] よっしぃ [ 編集 ]

よっしぃさん>>ありがとうございます!!

いや~、当日は本当に舞い上がっちゃいました。
普段のスタジアムはそんなことはないのですが、
この日は降格時代のユニフォームを着たり、
フラッグを持ってる方がたくさんいらっしゃって、
私も降格時代のTシャツを着ていったわけですが、
(その頃はユニフォームが今のようにナイキではなく
プーマだったので、プーマのマークが入ってます)
やっぱりあの頃の気持ちが昇華するのは
まぎれもなく今日なんだなぁ~なんて、
試合前からしんみりしちゃいました(笑)

でも、不思議ですね。涙は流れましたが、
降格時代のほうがはるかに泣きました。
監督が今期をもって勇退で、なおかつ私は
現役時代から監督のファンなので、
監督の挨拶の時だけ涙してしまいましたが、
あとは歌ったりはしゃいだり。
でも、翌日、翌々日にテレビのニュースで
放映されたり、新聞を見たりするまでは
優勝したことがなかなか信じられなかったです。

しかしながら、優勝するということは本当に難しいことだと
去年とは違う意味で思い知らされました。

なにはともあれ、ここからが始まりですので、
来年はアジアチャンピオンリーグで川崎とともに大暴れしてほしいと思います。

[2006/12/10 03:15] mino_rin [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/669-8e59401d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。