スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ギド監督、ありがとう 

本日、浦和レッズのギド監督の退団が正式発表されました。
家族と3年間離れて、なおかつたいへんなプレッシャーに耐えつつ、
浦和レッズを優勝させる道のりは、たいへん辛く苦しい道のりだった
のではないかと想像します。


というわけで、ギド監督にお手紙をしたためたいと思います。

謹啓

長かった今年のリーグ戦も終わり、めっきり寒くなりましたが、
監督におかれましては、優勝の喜びの余韻にひたる間もなく
ご多忙な日々をお過ごしのことと存じます。

まずはJリーグ優勝、おめでとうございます。
浦和のファンとして天皇杯優勝で年を明け、リーグ戦優勝で年を
終えるという、これ以上の幸せはない忘れがたい1年となりました。

監督が浦和の監督を受けて3年もの月日が経過するなんて、
時の流れの早さをしみじみと実感しております。

浦和の試合のたびにベンチ横にたたずむ監督の姿がすっかり定着し、
当たり前のようにそこにあるべきものとなって、
その定位置から監督のシルエットが消えてしまう日がくるなんて
想像もしませんでした。

浦和で現役選手として活躍された時から監督のファンでしたが、
昇格して少しずつ走り始めた浦和に、再び監督として戻って
きてくださったこと、本当に嬉しかったです。

闘莉王に始まり、マリッチやそしてリーグ戦優勝の立役者のポンテ、
監督の補強は誰も彼も今日の浦和にはかかせない補強でしたね。

この3年間、監督にとっては、おそらく、喜び以上に辛いことの多い
3年間だったと思われますが、私たちは少しでも監督の支えになること
ができましたでしょうか?
監督の広くて大きい、でも孤独な背中がとても印象に残っています。

本当に3年間お疲れ様でした。タイトルを、忘れられない1年を、
すばらしい選手、素晴らしいチームをありがとうございました。
ギド監督の残してくれたかけがえのない思い出たちは
きっと浦和に、人々の胸に、この先もずっと残ることでしょう。

監督の活躍の場は浦和から他へと移りますが、
さらなる監督のご活躍を心より応援、お祈りしております。

心からありったけの感謝をこめて

                        かしこ

スポンサーサイト

[2006/12/04 23:05] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/670-4a3dd14d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。