スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

横浜FC高木監督解任に物申す 

浦和ファンがこんなこと言ってもなんにもならないことはわかっていても一言言いたい横浜FC高木監督の解任・・・。

何が言いたいかって、一番言いたいのは

なぜこのタイミングで?

ということでございます。



正横浜FCサポーターが今回の高木監督の解任をどう思ってるかは知りませんが、部外者から言わせてもらえば、横浜FCのフロントはヴェルディなみにヤバいフロントかもしれないなんて思ってしまいました、。

なんでこの時期なんでしょうね?
Jリーグ中断期間などあったじゃないですか。
しかもこのタイミング。
1.5軍であろうとあのガンバ大阪に引き分けたこと、そして勢いのある鹿島(いつの間にか3位ですよ!)には負けたものの1点差でおさえたことは賞賛に値します。横浜FCは泣く子も黙る最下位なわけですけれども、この順位をふまえてのこの結果を評価できないフロントなんて終わってます。

先週のエルゴラッソ8/20・21日号の高木監督のコメントを呼んで、私は素晴らしい監督だと思ってやみませんでした。同じ面にガンバ大阪の西野監督、浦和のオジェック監督、横浜FMの早野監督のコメントも掲載されていましたが、高木監督のコメントはぐんを抜いて素晴らしいと思いました。コメントには、横浜FCの限られまくった厳しい状況で常にベストを尽くしてきた高木監督の人柄がよくあらわれていました。
解任前夜も次節(明日)対戦相手の清水エスパルスについて熱心にメモをとっていたそうです。


私からしたらこんな監督をこのタイミングで解任するなんて

あほんだら

です。えぇ、ハッキリ言ってしまいますとも。


久保が、奥が不調なのは高木監督のせいではないし、まがりなりにも十分とは思えない契約金で選手がサインをしてくれたのは、少なくとも高木監督の人柄が影響しているものとはたから見てもそう感じるのに、この状況で解任・・・わけわかりません。
解任するならリーグ中断期間か、リーグが終わってからでもよいことで、今解任するメリットは何もないと思うのですが。
後任の新監督がチームを残留させられたら、それが唯一のメリットとなるのでしょうけれども。

高木監督に何が足りないかと言えば、それは「ずるさ」だと感じます。
かつて横浜FMの監督だった岡田さんとか川崎の関塚監督みたいなずるさがないんですよねぇ。紳士でまっすぐな感じ。
かといってずるさだけでおおかた乗り切れるかといえばそうでもないので、高木監督は今のままでOK・・・なんて思っていた矢先の解任(涙)

私でさえ、「えぇ!?」な状況なのですから、サポーターの皆さんはもっと「!!!」な状況なのでしょうね。新監督がチームにフィットして残留が叶えられると良いのですが・・・。
スポンサーサイト

[2007/08/28 23:42] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/754-d6562d27


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。