スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J25節 サンフレッチェ広島×浦和レッズ 

日本代表欧州遠征からほどなくのリーグ再開。
代表戦はやっぱりあまり面白くないので、リーグ再開を待ってました。

代表組は帰国後すぐの試合で、しかもアウェイで行き先は広島。
いくら来週の水曜日が埼玉スタジアムとはいえ、広島は遠いなぁ・・・
と思いつつTVで観戦。

暑い中、14:00キックオフということで、どうなることやらと思いつつ
観ていたのですが

2-4 で勝利。

FW陣が全員ゴールするといういい試合でした。



立ち上がりは両チーム硬めの展開。
浦和は啓太がヘロヘロ気味(代表でもフル出場だったものね)。
そんな中、田中達也の目の覚めるようなミドルが広島のゴールネットを揺らしました。
なんだか奇妙な動きのボールで、そりゃ下田くん(広島GK)もどうしようもないよね・・・なシュートで、ゴール裏からの怒涛の歓声も一瞬の間があったような感じでした。

お次のゴールは長谷部。この頃調子がイマイチなだけに、このゴールで調子がかえってこないかな~なんて期待。
堀之内が落としたボールを絶好の位置にいた長谷部がねじこんだわけですが、この時の堀之内が凄い。
堀之内はあまり上背のない選手なのですが(私の友人もスタジアムに来た時に驚いてました。セットプレーからヘディングの得点を期待される選手は、闘莉王や横浜FMの中澤みたいに比較的上背がある選手が多いので)、相手選手より頭1つ出てました。低空ヘッドだけじゃないんだよね・・・堀之内!

そして前半最後のゴールは永井。
一緒に観ていた父親が興奮しまくった走り勝ちゴール。
(我が家の父はこういう走り勝ちゴールが大好き。しかもこの永井のゴールはきわどい角度からのボールだったので、ますます大好き。)
「ああいうゴールはいいよなぁ。決まらなくても完全に足は勝ってるけど、それで決まると嬉しいよなぁ。ああいうのは相手DFはへこむよなぁ。」
なんてことをしみじみ言ってました。

その永井の走り勝ち爽やかゴールの喜びに浸ったまま前半が終わるかと思いきや、そうはいかない広島ウェズレイのスーパーゴール。
これこそまさにどうにもならないシュート。キャプテン翼じゃないけれど、気がついた時にはネットが揺れてゴールしてましたのような、高速シュート。ウェズレイ・・・本当に35歳なの?(@_@)

後半に入り、前半の終わりからギクシャクし始めた浦和がそのままギクシャクな感じで、前半のやりたい放題がうそのような展開に。
佐藤寿人にゴールをおびやかされ、最大のピンチ悪夢のPK。
(これ、イエローを出すようなファウルには見えなかったのですが。)
佐藤寿人がもらったPK、キッカーはウェズレイ。
これが入ったらマズイなぁ・・・と息を止めてウェズレイの動きを見ていたのですが、これが、一瞬入ってしまったと思いきや、ポストにあたってゴールの外へ!もらいにいったPKは決まらないと勝手に納得。
このPKが決まっていたら試合はわからなかったです。この試合最大のピンチであり、ターニングポイントはこのPKだったです。

森崎に1点返された時もう~むむむむ・・・といった感じでしたが、途中出場の帰ってきたワシントンが絶好調の時を彷彿とさせる切り替えし3段がまえくらいの落ち着いたゴールですぐ返してくれたので、これがまた勝利に効果的でした。

失点は課題ですが、あのウェズレイのシュートはどうにもならなかった。すでに3点取っていたので、時間帯的にもちょっとしたゆるみはあったのでしょうけれども・・・。

それにしても・・・永井くん、もうちょっと頑張ろう。
代表遠征でキツイ日程の達也が90分はお気の毒です(涙)

次回は来週水曜日の現代(ヒュンダイ)戦。
もちろん行きます!体調を整えなければ~。
スポンサーサイト

[2007/09/15 21:12] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/758-955f20bc


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。