スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フルスイング 第4回「キャッチ」 

フルスイング 第4回「キャッチ」

今日も太田先生と出勤一番乗りを競う高林先生。
おとなしくて引っ込み思案な太田先生を、朝の校門の挨拶当番に誘う高林先生だが、太田先生の顔色は悪い。

ある日、授業を終えた太田先生の姿がない!
職員室総動員で太田先生を探すも、姿はなく、「具合が悪いので早退する」と。
翌日、太田先生から「長期休暇」の連絡がある―――


高林先生と時任先生は、太田先生長期病欠の知らせを聞いた生徒たちの雰囲気がおかしなことに気づく。
森くん、田辺さん、中野くんが、太田先生が、実は4組の生徒たちからの執拗ないじめに会っている現状を高林先生と時任先生に打ち明けにくる。
2学期はじめから、4組の生徒たちからのいじめにあっていた太田先生。
水沢さん(落合恭子)は帰国子女で、英語教諭の太田先生が聞き取れないほどのネイティブイングリッシュで英語教諭の太田先生に対して執拗な質問攻めをしていたのであった。


水沢さんと話をする高林先生。帰国子女の彼女は
「日本語は大嫌い!日本語は私の言葉じゃない!先生も、友人も、誰もわかってくれない!みんなわかってくれない!」
と、高林先生に英語でまくしたてる。実は彼女自身が言葉の壁に苦しんでいたのだ―――。


校長室で4組の生徒と太田先生の事情を校長先生と教頭先生に打ち明ける時任先生。
時任先生の話に、「生徒になめられる太田先生にも問題がある。」と、手厳しい教頭先生。だが、
「生徒たちの動揺を本当の意味で救えるのは太田先生だけです。彼は必ず教壇に帰ってきてくれると信じています。」
動揺する時任先生に静かに言う校長先生。


教師という職業の難しさに直面し、落ち込む高林先生が、野球部の阿部監督にグチをこぼすと、阿部監督は
「高林さん、大丈夫たい。」
と、高林先生の十八番の声をかける。


休職中の太田先生から高林先生に電話があり、太田先生の自宅を訪ねてみると、太田先生は高林先生に辞表をたくす。頭を下げる高林先生に
「僕は4組の生徒を恨んでません。ただ、自分が情けなくて。。。。。。」
と、太田先生。
高林先生はそんな太田先生をランニングに連れ出す。


高林先生との毎日のランニングがすっかり定着した太田先生。
ランニングついでにキャッチボールや素振りも。
「キャッチボールの基本はまず相手をよく見て、ボールをよく見ることです。」
と、高林先生が言えば
「キャッチという言葉にはいろいろな意味があるんですよ。"捕まえる"という以外にも、"わかる"とか"理解する"とか。」
と、太田先生。その会話から何かに思い当たった太田先生。
太田先生の頭の中を、水沢さんが自分に何度も投げかけていた「catch me!」という言葉がめぐる。


水沢さんは、ついに日本語を一言も話さなくなり、職員会議が招集される。
「水沢は求めてるんじゃと思います。自分の言葉を理解して受け止めてくれる人間を。」
「わしらは、学校で【先生】っちゅーチームを組んでいる仲間です。チームメイトを信じんで何を信じますか。太田先生は必ず、必ず戻ってきてくれるはずです。」
職員室の教師たちにそう話す高林先生。


剣道場で、新任の若林先生(斎藤工)に話す時任先生。
「私もどこかで太田先生を軽く見ていました。復帰できるわけがないと。勝手に決めつけていました。でも、信じる人がいた。・・・・・気づかされました。これは私たちの問題でもあるんです。教師ともあろうものが人を軽んじて、傷つけて・・・・・。太田先生とまともにつきあっておられたのは高林先生だけだった。」


高林先生は太田先生に水沢さんのことを伝える。
彼女の苦しみや、彼女が自分に必死に訴えていたSOSに気づき、涙する太田先生。

翌日、職員室に復帰した太田先生。挨拶もいつになく大きい。

自分が大学生の時にリュック1つで世界のユースホステルを旅したことを、そのときの喜びを、それを生徒に伝えたいと思って教職に就いたことを4組の生徒に語る太田先生。
英語でキャッチボールをしてみようと、生徒にボールとともに英語をなげかける。
自分にボールがまわり、自分がいきなり飛び込んだ日本文化の中でさんざん苦しんできたことを太田先生に切々と語る水沢さん。
そんな彼女の必死の訴えに一生懸命こたえる太田先生。
彼女に歩み寄ることでやっと彼女との言葉の壁を越えたのだった。


そんな光景を廊下から見守る校長先生と天童先生。
「このところ驚かされてばかりですな、しなやかでたくましい人間という存在に。」
天童先生の口からはそんな言葉がもれる。


そして、高林先生と太田先生の出勤一番乗りを競う姿も元気に復活したのであった―――第5回へ続く



------------------------------------------------------------------
このドラマ、「今日は泣かない!」って思っても、いっつも50分で泣かされるんだよ~~~~~~うえぇぇぇぇん。゜゜(´□`。)°゜。
次回はいよいよ大御所の天童先生が・・・・・。
もう時間が残されていない高林先生、でも6回は短すぎたい!!
 
スポンサーサイト

[2008/02/09 22:39] TV | TB(1) | CM(2)

凄いですね!

mino_rinさん はじめまして。

【フルスイング】私もファンで毎回、涙々して見ています。

しかし、
番組終了して、ここまでそのストーリーを
書き上げブログアップするとは敬服しますね。

番組はあと2回の放映で
終わってしまうのが残念です。
[2008/02/09 22:59] yasu [ 編集 ]

yasu様

yasu様>>

はじめまして☆
コメントありがとうございます。
【フルスイング】仲間のコメント、とても嬉しいです^^

最初は、周囲にあまりにも試聴している人が少なくて、それが悔しくて残念で、「みてください!!」と、ここで訴えてみたのがはじまりなのですが、あらすじ検索でアクセスしてくださる方が多くて、あらすじをUPするにいたりました。
幸い土曜の夜ですので、夜更かしもしやすいですし!
あとにも先にも、ドラマのあらすじをまじめにUPするのは、おそらく【フルスイング】だけだと思います(笑)

【フルスイング】には毎回泣かされちゃいますよね。
なので、土曜の夜は自室でひっそりと涙してます。

本当に6回はあっという間ですね。
高林先生と今月でお別れなんて、本当に残念です。
[2008/02/10 00:03] mino_rin [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/853-6c254754


今、自分の一押しTV番組

既に1月から始まっている番組ですが、 NHK、毎週土曜日21時からの 土曜ドラマ「フルスイング」(主演:高橋克実) ですね。 どっぷりハマッテ4回見させて頂いています。 もう既に、全6回中4回終了していますが、 毎回、感動(+涙)させてもらっています。 主演?...
[2008/02/10 01:01] URL BMI = 28.7 からの記録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。