スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J10節 ヴィッセル神戸×浦和 

今日はTVで試合を観ていましたが、なんだか微妙な感じでした。

結果は

1-1 のドロー

でしたが、MVPであるゴール枠くんの大活躍があってのドローでしたから、
ラッキーなドローだったかも。
 
 
試合の入りはまずまずだったと思います。
少なくとも、京都戦、札幌戦よりは良かったです。
前半も失点することなくスコアレスで折り返し、さて後半というところであれれれ?

前半の緊張が目に見えるような糸は後半になってどこへやら。
神戸に押し込まれる展開になってしまいました。
アクシデントで想定外の交代などもあったりはしましたが、それにしても
京都戦や札幌戦の前半がこの試合の後半に顔を出しそうな不吉な予感が・・・(汗)

それでも、耐えて頑張る浦和イレブンに、思いがけず訪れたチャンスに生まれた
阿部勇樹のスーパーゴール。びっくりです。
あの場面であの体勢を選択し、それがゴールになってしまうことが。
阿部勇樹って本当に凄い。個人的にはボランチをやらせてあげたいです。
DFじゃもったいない。

これで、楽になれるかと思いきや、何故か守り気味になってしまう浦和。
人数をかけるのに、ちっともマンマークができなくて焦りまくる、いつもの浦和のキケンな5バック6バッが・・・・(涙)
浦和が5バック6バックになるときは、必ずといっていいほど動かない時なのよねー・・・な~んて思っていたら、やっぱり攻守ともに神戸の後手後手に。
それでも、今日は間延びしないように頑張っていたほうでしょうか。
しかしながら、神戸の枠の不運がなければ、今日は3-1もしくは4-1で負けていた可能性も大なわけで・・・・・・・・。

そして山田さんがいなくなって右からアッサリやられちゃうのは課題です。
山田さんの活躍は派手ではないけれど、山田さんがいなくなった穴は絶対に誰かがカバーしなきゃです。それも、まだ人数で負けていた場面なともかく、人数は勝っていて、右の吉田にドフリーでシュートを打たせてしまったことは大きな課題。
誰が誰をマークするのか、しっかり声を出しましょう。
あとは、苦しい時間の安易なパスミス。苦しい時間をなお一層苦しいものに。

監督は交代したものの、やっぱり根本的な問題の解決には至らない浦和。
中村GMは日本人だけのチームが目標だなんて言っていたこともありましたが、
日本人だけのチームを目指すなら、根本的に動かないというのはダメだと思います。

ロスタイムに入る直前の怒涛の攻撃はかなり良かったのですが、できればそれをもうちょっと早い時間で見たかったな~。でも、その攻撃も、うっちーを入れて、闘莉王をあげたればこそってところがなんともはや。
はぁ・・・・ワシントンを見ちゃってるだけに、どうも、高原とエジミウソンが頼りなく見えてしまい、2人には申し訳ないのですが、せめて一人で突破できないなら連携しようよね・・・ってやっぱり思ってしまうんですよね。

これが浦和のサッカーの限界とは思いたくないので、次節の千葉戦に期待です。
選手のみなさんも暑い中、連戦でたいへんだと思いますが、連休連戦もあともう少し、この時期の順位はあてにはなりませんから、よりよいサッカーをすべく、頑張ってください。
やっぱり観ているほうとしては、いきいきとサッカーをしている姿が観たいのです。
スポンサーサイト

[2008/05/03 23:57] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/937-d285a9c9


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。