スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ナビスコ予選 ヴィッセル神戸×浦和レッズ 

先制したものの 1-2 で逆転負け。

京都が名古屋に負けて、この試合を勝つしかない状況で、なおかつ、このスタメンで先制して負けるとは、なんともはや、重症です。

今日の敗戦をもってして、浦和のナビスコは今年も終わりました。
 
 
いやー、どれだけやる気がないのだか。
神戸まで応援に行った浦和サポさんもたくさんいるでしょうにね。。。

細貝、鈴木啓太の守備的ボランチが抜けるだけでガッタガタです。
梅崎の代わりはかろうじて達也がなんとか踏ん張ってましたが、怪我明けなのに
高原やエジミウソンの分まで守備に翻弄するってね、看板FWって何様ですか?
挙句の果てに闘莉王と阿部勇樹もいないわけですが、
代表に招集されたメンバーがいかに守備に奮闘しているかがわかっただけでも収穫でしょうか。
山田さんも一人じゃさすがに守りきれず。あの状況じゃ、そりゃ山田さんの目だって泳がざるをえず。
名古屋戦の時に、DFだけで守れなきゃ、11人で守るしかないって書いたばっかりなのに、
なんですか、このやられっぷり。
主力のいない神戸を甘くみちゃいましたか??

しかも、守れないだけではなく2失点を取り返せないのがまた痛い。

エジミウソンさん、高原さん、もう6月ですよ・・・・(T_T)
試合で調整じゃなくて調整は練習やサテでお願いします。
そろそろ本調子に戻ってもらわないと、たぶんリーグ再開には間に合いません。

しかも、高原と達也を下げてなぜエジミウソンを残す?フル出場ダイエットでしょうか?
勘弁してください。ナビスコだからいいものの、ACLでこんな試合は恥ずかしすぎます。

シュート数はほぼ互角でありながら、CKの数を抑えられてしまうのは今期の浦和の悪い点の1つです。それが顕著に出た試合でした。FWさん、シュートを枠に飛ばせないのなら、せめてCKを取りに行きましょうよ。(でも、そのCKからのセットプレーも闘莉王と阿部勇樹以外決まる気しないところがまたミソなんだけど。)
シュート数がほぼ互角でチャンスを決めきれないことも課題ですが、もう最近、無駄な期待はしなくなりました。

昨年は、来年の課題は攻撃バリエーションを増やすなんて勝手に妄想しいてましたが、とんでもない。
「まず、シュートを枠に飛ばす」
「シュートがキーパーの真正面に行かないように工夫する」
ことからです。悲しすぎます。

そして相手チームの監督に
「非常に選手が『勝つ』ということに対して本当に執念を見せたゲームをやってくれたなという気がしています」
なんて言われちゃぁ、それは「浦和は勝つことへの執念が足りなかったよね」って言われているに等しいわけで。

唯一の朗報はロビーの復帰。
ロビーお帰り!待ち焦がれていましたよ。
今期の浦和は崖っぷちです。今年も浦和を助けてください。
そして、「助っ人」とはなんたるかをあの人とこの人に見せてあげてください~(涙)
 
スポンサーサイト

[2008/05/31 23:34] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/949-7ef05fb2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。