スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ナルニア国物語 第二章「カスピアン王子の角笛」 

princecaspian_poster.jpg
ナルニア国物語 第二章「カスピアン王子の角笛」

観にいってまいりました。第一章「ライオンと魔女」がイマイチだったのですが、「カスピアン王子の角笛」はシリーズの中で個人的に一番好きなお話なのでちょっと期待をこめつつ・・・。
どころがどっこい面白くない。ディズニーでこの作品だったら、もうちょっと小学生高学年目線ぐらいでそれこそ教科書どおりに作ってもいいと思います。一言で言うと無駄が多いのよね。

 
 
CGが駆使されていて、ねずみさんなんて本当にかわいいんですけどね。
無駄が多くて肝心なところが描かれていないから面白くないんです。

今更ネタバレしても問題ないと思うので書いちゃいますが、この第二章を限りにピーターとスーザンがなぜナルニアに戻ってこられないのか、そこのところが私個人としてはすごく重要なんですけどね。

その肝心なところがとってつけたようにあっけなく、見終わってもやもやもや~っとしちゃいました。
ハリーポッターも「炎のゴブレット」の最後に、次回にどうつなげるんだろう・・・なんて思いましたが、それよりもなんだかな・・・といった感じでした。

カスピアン王子のナルニア返還とピーターとスーザンの卒国という2点は、私がこの角笛を一番好きなところでもありますので、個人的にはこの映画にはガックリでした。
魔女のシーンなんてあの半分でいいから、もっと描くべきことがあったような。
あの廃墟がかつてのナルニアだった!というシーンも、描き方によってはもう少し観客がハッとさせられるような描き方があったのではないでしょうか。

良かったのは、次男のエドマンド役の男の子は意外と男前に成長してるな~という点。

自作は「朝びらき丸」になるのかな・・・この話も面白いのですが、観にいくかどうかは微妙です・・・。
 
スポンサーサイト

[2008/06/21 23:20] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/965-f2c5965c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。