スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

U23北京五輪日本代表発表 

U-23の北京五輪日本代表メンバーの発表がありました。
選出された18人は以下のとおりで、OA(オーバーエイジ)枠はなし。

GK
山本海人(清水)
西川周作(大分)

DF
水本裕貴(京都)
長友佑都(FC東京)
森重真人(大分)
安田理大(G大阪)
内田篤人(鹿島)
吉田麻也(名古屋)

MF
本田拓也(清水)
谷口博之(川崎)
梶山陽平(FC東京)
細貝萌(浦和)
本田圭佑(VVV/オランダ)
香川真司(C大阪)

FW
豊田陽平(山形)
李忠成(柏)
岡崎慎司(清水)
森本貴幸(カターニア/イタリア)


浦和からはボランチの細貝のみが選出されました。
このメンバーをざっと見た第一印象は、非常に反町監督らしい選出だと思いました。

残念ながら落選してしまった梅崎やセルヒオのことを思うと、自分のことのように悔しいです。
でもね、アテネの時、啓太が落とされた時も、まったく同じようにどうにもこうにも悔しくて悔しくて、でも、啓太はこれをバネに浦和で活躍して再び代表に招集されましたので、是非とも2人にも未来を目指して一歩も二歩も先を駆け出して欲しいと思います。
この2人が未来を駆けるためにも、2人の先輩方にも頑張ってもらわないと。
今、悔しさをバネに頑張ろうとする2人の気持ちを汲んであげてほしいと切に願います。

そして、招集された細貝のことは自分のことのように嬉しい!
なまじっか優しくて遠慮がちゆえ、浦和でも先輩なんて気にしないで若さでガツガツ行っちゃえばいいのにな~って思うことが多いのですが、そういうところもまた監督にかわれた一部でもあるのかなと。
このタイミングで監督が反町さんだったのも何かのめぐり合わせですから、自分に正直なプレーをしてほしいと思います。浦和ではなかなか出場機会にめぐまれない厳しい境遇ですが、そんな彼だからこそ出来るプレーが、(ハッキリ言ってなんですが)出場できないごときで移籍する選手にはないしなやかで折れない我慢強さは彼の一番の武器かもしれません。
29日のアルゼンチン戦ももちろん行きますので、ピッチで細貝のプレーが見られたら嬉しいな~と期待しています。
スポンサーサイト

[2008/07/14 23:08] サッカー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/976-bc62cf7c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。