スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J18節 浦和×川崎フロンターレ 

200807211758000.jpg

まず結果から

1-3 でやっぱり勝ち点を落としました。

ホームで3失点です。
別に試合終了後ピッチに膝をつくぐらいハードに戦ったわけでもなく。

今日の試合は 達也out→テセin これにつきました。
 
ちなみに、鄭 大世(チョンテセ)は川崎のFWです。
浦和のエンゲルス監督の信じられない達也交代に衝撃を受けましたが、
その地点で、必ず川崎の監督がテセを間違いなくすぐに投入するに違いないと思いました。
(素人目で見てもそれぐらいわかりますよね?エンゲルス監督。)
ガンバの西野監督なら播戸を、鹿島のオリビエラ監督なら興梠を入れてきたでしょう。
達也を下げるなんて、「どうぞ、今こそ動き回るFWの入れ時ですよ」って言ってるようなもんです。

この達也の交代は素人目で見ても達也out永井inではなく、下がるのはエジミウソンであるべきでした。エジミウソン、今日何してました?(しかも先週は休みだったのに、なぜ動かない!)

もう、この交代で帰っちゃおうかと思っていたら、案の定、そのテセにすぐさま逆転弾をくらい、セルフジャッジに気をとられ、立て続けにとどめの3失点目。
高原が先制したのが、遠い幻だったかのごとく・・・(泪)

試合終了後に、ゴール裏から
「ゲルト、ゲルト、くそったれ!」
コールが出ていましたが、今日は、個人的にはこのコールの気持ちがよくわかります。
今日の達也の交代で、今までエンゲルス監督の采配は
「理解できない」
だったのですが、今日という今日は
「許せない」
に昇格しました。

遅まきながら、エジミウソンに代えて梅崎を投入するも、今度は闘莉王があがっちゃって梅崎がのびのびプレーできず。どうなってるんでしょうね?このチームは。
闘莉王が暴走気味にあがるのを100歩ゆずってありだとしても、DFを投入しないで闘莉王があがるもんだから、CBは山田さんと坪井が交代でやってるし。
しかも、その闘莉王も動かないから、ピンチにつぐピンチの連続。
確かに闘莉王はチャンスを作れるかもしれません。でも、チャンス1に対してピンチが10じゃシャレにならないです。そんなの、ハイリスク&ほぼノーリターンじゃないですか。

交代も付け焼刃的というか、場渡り的というか、同じコーチ昇格の監督なのに、川崎は3枚の交代枠を無駄なくきっちり有効活用したのに対し、浦和といえば・・・もうため息モノ。

これ以上チームがバラバラにならないよう祈るばかりですが、はてさて次の鹿島戦はどうなることやら。スタメンに彼がいたら、がっくりきちゃうだろうな・・・私。

FC東京が平山とともに1年を棒に振ったかのごとく、浦和も彼とともに1年を棒に振ることになるんでしょうか・・・ねぇ。
 
スポンサーサイト

[2008/07/21 23:31] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/979-01daf31a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。