スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

J20節 浦和レッズ×柏レイソル 

DSC04506.jpg

今日から9日間の夏休みなので、昨日までドタバタだったのですが、お休み初日は浦和レッズのホームゲーム。
夏休みでたくさんのお子様も観に来ていたのですが、勝てる試合をくだらないミスで落としました。

結果は 2-2 のドロー。

今日という今日は声を大にして言いたいです。

エジミウソンはスタメンどころかスタベンさえもいやだー いやだー いやだー
 
 
今日はバックスタンドのアウェイ寄りで観ていたのですが、エジミウソンのふがいなさに、柏サポーターからも失笑がもれていました。
そりゃそうです。
「エジミウソン!(怒)」
なシーンが何度もありました。

そもそも、試合前にメール通知されたスタメンではエジミウソンはベンチだったはずなのに、
スタジアムについたらピッチにいてガッカリ。
キックオフ後はさらにガックリ・・・・・・・・・・_| ̄|○

やっぱりというかなんというか、ことごとくチャンスをはずしまくった浦和が柏にあっさり先制されて、いつもみたいに5バックかなーと心配したのですが、仕事をしないFWの後ろから阿部の放った目の覚めるようなミドルシュートがネットにつきささって前半のうちに追いつくことができました。
今日は相馬もミドルレンジからシュートを放っていましたが、その時々のシーンで、本当にとんちんかんな位置取りなのよね・・・いちおうFWでスタメン登録されている人々が。
ちなみに柏のFWはあんなばかげた位置になんて絶対いなかったです。
ボールがペナルティエリアに近づけば必ずそこには菅沼が、ポポが、そしてフランサが。

それにしても、今日のエジミウソンもなんというか、相手チームの選手よりたちが悪いように見えました。ゴール前でありえない打ち上げ花火、枠に行くはずのシュートは永井に向かって打っちゃうし、ボールはよく取られるし。しまいにはエジミウソンにボールが出される回数が減るし。そしてとどめは遅いし!浦和の選手の中で一番遅いんじゃない?と思えてくる始末。
前を走っているのに、追いかけてきた柏のDFに前に入られるって、どういうことなんだろう。

人間誰しもミスはあるので、しょうがないとは思いつつも、その上プレーに気持ちが見えないから、観てるこちらもイライラMAX。もっと頑張れる選手がベンチにいるのに、こんなにていたらくなプレーで毎回スタメンなんてありえません。

今日は高原も機能しておらず、浦和はメインFWがいない厳しい戦い。FWは右の永井だけ・・・。
その永井が、いかにも永井だー!という形から逆転弾を決めたのもつかの間、くだらない凡ミスで同点弾を許すという大失態で試合終了。
怒る気すらわいてこず、もうなんだかひたすらがっかりでした。

柏の石崎監督のハーフタイムコメント
・相手のカウンターに気を付けよう。
・イージーなミスをしない。
・シンプルに攻撃していこう。

これはずべて浦和に必要なこと。なぜこれが浦和の監督から出ない?
・スコアには納得できていないが、前半はいいゲームができた。
とてもじゃないけれど、いいゲームではなかったのになぜこんなコメントが・・・・・・・・(涙)

試合終了後の石崎監督のコメントはさらに
「彼が考えているプレーを、周りが感じ切れていないところがある。今日は点を取ったが、彼は周りを使って生きるタイプ。できるだけフランサ(の意図)を感じられるようなトレーニングやコミュニケーションの取り方を、練習のなかでやっていかないといけない。いちばん良いのは、彼に合う相棒を連れて来ることだと思うが、ただレイソルにもレイソルのサッカーというものがある。そこにフランサ自身、フランサの能力をどう組み合わせるかということが、僕の仕事だと思って、色々苦労しながらやっている。
 フランサは、日本人も外国人も含めて、現在Jリーグにいる選手が持っていない特徴がある選手。そういうところを上手く組み合わせてチームを作る楽しみというのを感じている。
 それと、フランサは昨年11月に中足骨(足の甲の骨)を骨折して、7カ月動けない状態だった。できるだけ彼が90分間動けるよう、シーズンの中でもフィジカルコンディションを上げていかないといけない。今日も、あの1発だけでしたけどね(笑)。でも、素晴らしいですよね」

これがエンゲルス監督から出ないと、浦和はエジミウソンとともに心中する危険性大だと思います。

今日という今日は、しばらく浦和の試合を観るのはやめるかな・・・とちらっと思ってしまいました。
やめるか・・・というより、本当に帰りたかった。エジミウソンにも高原にも得点の可能性ははまったく感じられず、やっぱり先制された時には本当に帰りたかったです。
観てるのさえ苦痛で、苦痛を感じてまで観ているのがバカバカしかった。

ほんと、11人でサッカーをするチームになってほしい。とりあえずはそこからです。。。。
 
スポンサーサイト

[2008/08/09 23:56] 浦和レッズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/988-bc6d2e6b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。