スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

インディー・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 

indianajones4_smalltheatrical.jpg
インディー・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

あまりの"トンデモ"っぷりにびっくりです。
いやー、あのナイフで裂いた袋から人差し指が出てきたらどうしようかと思っちゃった。クリスタル・スカルの形だって、なつかしのあのキャラの頭型といっても過言じゃなかったし。

今回初出場の息子くんは、ショート・ラウンド(2作目の魔宮の伝説のキーくんの演じた少年)以下でしたが、イリーナ・スパルコ役のケイト・ブランジェットは素晴らしかったです。もっとSキャラでも良かったぐらい。
  
 
ケイト・ブランジェットは本当に女優だー!と思いました。
ロシア語訛りの英語の艶めきというかなんというか。
「これ、ケイト・ブランジェットなの!?」
というのが最初の印象。

ただ、敵役としては、インパクトはあるけれど、なにか物足りないような。
敵役は、個人的には、2作目の「魔宮の伝説」の強烈で怪しい宗教集団の得体の知れなさが、いかにもインディーらしくて好きです。全体的には1作目が面白いとは思うのだけれど。
イリーナ・スパルコももっと変態でもっとドSでも良かった気がします。絶対にインディーに逃げ場を提供しない狡猾さがあれば、ちょっと映画の印象が変わったかも。

ストーリーは、もう壮大なスケールによるトンデモ系。
書くと面白くなくなるので、ここまでにしておきます。

それにしても、ハリソン・フォードは年齢の割りに本当に若い!
あのアクション、脱帽です。

上映前から息子が出てくるって聞いていたので、世代交代なのかな~なんて思ったけど、この映画はここで終わり。息子には期待できそうにありませんでした。

映画の日に1000円なら観る価値ありだと思います。
でも、手放しのインディーファンなら1800円でも楽しめるかも??
 
スポンサーサイト

[2008/08/02 23:14] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minorin.blog2.fc2.com/tb.php/993-d97d9c93


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。